まるで本物、枯れ葉のような漆のお皿

《えこだ秋色散歩》
漆塗りというと、艶のある黒や華やかな蒔絵を思い浮かべる方も多いかと思いますが、こんな表現も出来る素材なんですよ。まるで本物の葉っぱのような、枯葉のお皿。見れば見るほど本物のようです。生地は紙。竹の繊維が混ざっている紙で形を取り、そこに和紙を重ねて成形。薄いけれど、漆をたっぷり吸い込んで、しっかり硬化しているのでとても丈夫。贅沢なひと品。

このお皿、裏を返すと「てんとう虫」が隠れております。思わず微笑んでしまう仕掛け。飾りだけではなく、お皿を少し傾斜させるための足なんですよ。

枯葉のお皿