たぬきたん(奇譚)第十八話

たぬきたん(奇譚)第十八話

おわり、というのは、雪解けのよう。あと少し、あと少しと頭の片隅でおもう束の間…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!