たぬきたん(奇譚)第一話

たぬきたん(奇譚)第一話

私、大山田五郎がこの江古田の街に移り住んできたのは一昨年、霧雨の降る冬の日であった…。

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

ロマンス食堂|ディナー

ロマンス食堂|ディナー

築地直送の新鮮でおいしい魚と、野菜のお惣菜、やさしい和定食のお店
[巡って楽しい江古田マップ]
ringrazio|ディナー

ringrazio|ディナー

食べて飲んで、生ピアノ、フラメンコギター、即興演奏等をバックにゆっくりお過ごしください!
[巡って楽しい江古田マップ]