たぬきたん(奇譚)第十五話

たぬきたん(奇譚)第十五話

私の名前は菅山節子。江古田の某大学、芸術学部の三回生である。写真やデジタルの…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十四話

たぬきたん(奇譚)第十四話

私の名は大山田五郎。中でも小でもない、大山田である。そのような仰々しい名前のわりに…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十三話

たぬきたん(奇譚)第十三話

私の名は大山田五郎。毎夜この街に帰りつく、ひとりの男である。本日も池袋駅の二番ホーム…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十二話

たぬきたん(奇譚)第十二話

私の名前は大山田五郎。午後二時、千川通りを西へ下りながら、私はゆっくりと歩いている…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!