たぬきたん(奇譚)第十七話

たぬきたん(奇譚)第十七話

私の名前は大山田五郎。北風に吹かれながらため息漏れる、大学九回生である…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十六話

たぬきたん(奇譚)第十六話

駅のホーム。先程までタオル片手に待ちぼうけをしていた人々の、表情が変わる…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十五話

たぬきたん(奇譚)第十五話

私の名前は菅山節子。江古田の某大学、芸術学部の三回生である。写真やデジタルの…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十四話

たぬきたん(奇譚)第十四話

私の名は大山田五郎。中でも小でもない、大山田である。そのような仰々しい名前のわりに…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十三話

たぬきたん(奇譚)第十三話

私の名は大山田五郎。毎夜この街に帰りつく、ひとりの男である。本日も池袋駅の二番ホーム…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十二話

たぬきたん(奇譚)第十二話

私の名前は大山田五郎。午後二時、千川通りを西へ下りながら、私はゆっくりと歩いている…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十一話

たぬきたん(奇譚)第十一話

私の名は大山田五郎。この街江古田を日々猫背でさまよう大学生である。私の丸まった背中…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第十話

たぬきたん(奇譚)第十話

私は大山田五郎。江古田の街をなんとなく愛するひとりの男である。おっと…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第九話

たぬきたん(奇譚)第九話

私の名は大山田五郎。下宿の万年床と街歩きをこよなく愛する男である…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第八話

たぬきたん(奇譚)第八話

私の名は大山田五郎。本年もこの街、江古田での越冬を決意した二十六歳である…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第七話

たぬきたん(奇譚)第七話

私の名は大山田五郎。江古田に住まう大学八回生であり、江古田一早く炬燵を出してきた男…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第六話

たぬきたん(奇譚)第六話

私が大山田五郎。日々の諸用に忙殺されておられる皆々様の貴重な時間を護るべく…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第五話

たぬきたん(奇譚)第五話

私は大山田五郎。江古田に住まう大学生である。モラトリアムとサマーのヴァケイションをことごとく…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第四話

たぬきたん(奇譚)第四話

私は大山田五郎、江古田に住まう平々凡々な大学八回生である。大学を三つ抱えるこの街で…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第三話

たぬきたん(奇譚)第三話

そろそろ江古田の人々にもおなじみ、大山田五郎である。こうして平日の昼間に街を散策する…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第二話

たぬきたん(奇譚)第二話

私は大山田五郎という。歳は三十に近いが毎日の過ごし方をみればじいさまのような男である…

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!

たぬきたん(奇譚)第一話

たぬきたん(奇譚)第一話

私、大山田五郎がこの江古田の街に移り住んできたのは一昨年、霧雨の降る冬の日であった…。

江古田が舞台の月刊小説。街の様子やお店・店主たちはノンフィクション!